環境

‐ environment ‐

環境基本方針

  • 1.豊かな21世紀社会への貢献
  • 豊かな21世紀社会へ貢献するため、環境との調和ある成長を目指し、事業活動のすべての領域を通じて、ゼロエミッションに挑戦します。
  • 2.環境技術の追求
  • 環境技術のあらゆる可能性を追求し、環境と経済の両立を実現する新技術の開発と定着に取り組みます。
  • 3.自主的な取り組み
  • 未然防止の徹底と法基準の遵守に努めることはもとより、地域環境の環境課題を踏まえた自主的な改善計画を策定し、継続的な取り組みを推進していきます。
  • 4.社会との連携・協力
  • 関係会社や関連産業との協力はもとより、政府・自治体を始め、環境保全に関わる社会の幅広い層と連携・協力を構築していきます。

環境行動方針

  • 1.環境負荷の少ない製品の開発・提供
  • (1)環境に配慮した開発・設計
  • (2)環境負荷物資の事前評価・フォロー体制の強化
  • 2.排出物を出さない事業活動の追求
  • (1)省資源、省エネルギーなどの環境負荷の更なる低減
  • (2)より高い自主目標の設定と展開・フォロー
  • 3.社会の一員として、環境行動に関わる対外との連携・協力と情報発信
  • (1)関係会社との連携・協力
  • (2)事業活動以外でも貢献
  • (3)積極的な情報開示、啓蒙活動

主な取り組み

  • 1.環境負荷低減活動
  • (1)CO2排出量低減
  • ・電力量低減(設備による空調電力量制御や節電活動)
  • (2)産業廃棄物排出量
  • ・廃棄物処理法への確実な対応(処理業者の適正処理の実施確認)
  • ・分別の適正化による廃棄物処理
  • (3)省資源活動(紙使用料・水使用量)
  • ・職場別計画値による管理実施
  • ・節水活動
  • 2.社内への啓蒙活動の推進
  • イントラネット・社内報等による啓蒙活動

植林・森林活動

トヨタ車体グループの森(企業との協働森づくり事業) 2007年より霧島市と「企業との協働森づくり事業」パートナーズ協定を締結し、従業員やその家族が霧島市の地域の皆様とともに、間伐や植林などの森づくり活動に参加し、森林環境保全に協力しています。

かごしまCO2吸収量認証制度 2011年1月より鹿児島県が「かごしまCO2吸収量認証制度」を設置し、当社もこれに参画して地球温暖化防止へ貢献しています。 > 詳しく見る

霧島10万本植林プロジェクト 霧島市にて実施されている10万本植林プロジェクトに参加し、地域本来の植生である照葉樹の森づくりを目指して活動しています。 <霧島市10万本植林プロジェクトとは...>
横浜国立大学名誉教授の宮脇先生が提唱されている混植蜜植の方法により、市民や企業、各種団体と共生協働し、市民一人あたり1本を目安に10年間で10万本の植林に取り組んでいます。

社内1万本植樹プロジェクト 2015年から2020年(創立30周年)の6年間で会社内に累計1万本超の植樹を目指し、従業員やご家族の皆様と活動しています。