車両設計

  • ボデー設計部 第1ボデー設計室
  • 稲森 隆晃
  • 2013年入社 機械工学科卒

小さいころの夢:教師

商用車のスライドドア板金や機能部品の設計を担当しながら、商用車に求められる法規や性能を満足する合理的な構造を考え、部品形状を具現化していきます。その際に、作り易さ、周辺部品との成立性、コスト、意匠性など総合的にみて競争力のあるベストな結論を導き出していきます。

  • Q入社したきっかけを教えてください。
  • A
  • 車は人や物だけでなく、乗る人の「人生」や「幸せ」をも運ぶものだという持論があり、自分の手で作り上げた車で幸せを世界中の人々に届けたいと思っていました。
    そんな中、地元九州で車の設計が出来、世界のトヨタブランドを背負ってる会社があることを知り、この会社に入社しました。

  • Q入社して良かったことは?
  • A
  • トヨタの特色でもある「自工程完結」と呼ばれている体系的に整った問題解決を一人一人が実践するため、後工程(お客様)を見据えた正しい仕事の進め方が個人レベルでしっかりと身に付きます。
    また、開発車や競合車を調査したり乗車できたりするので、車好きにはたまらない職場環境です。

  • Q仕事で苦労したこと、楽しかったことは?
  • A
  • 配属直後は、知らないことだらけで覚えることが非常に多く苦労しました。現場をこなし、上司・先輩の指導や教育などで次第に知識やノウハウはついてきますが、設計に関する知識は膨大で学習はエンドレスに続いています。
    しかし、以前までは乗り越える事が出来なかったミッションを知識と経験を活かして自分の力だけでこなせた時は、達成感と自分自身の成長を感じます。

  • Q今後の目標を教えてください。
  • A
  • グローバルに活躍できる設計者になりたいと思っています。
    そのためにも、語学力を上げ現地スタッフとスムーズにコミュニケーションをとったり、現地の社会情勢やトレンドを調査することで実現させていきたいと考えています。

ある日のスケジュール

  • 8:30
    グループミーティング
    上司・メンバーの予定把握や、前日の会議内容の情報収集、一日の行動計画を詳細に決めたりする重要な時間です。

  • 10:00
    打ち合わせ資料作成
    打ち合わせに向けた資料作成します。上司と進むべき方向性を共有し、見やすく分かりやすい資料を心がけて作成します。

  • 14:00
    打ち合わせ
    仕入先や各関係部署を集めて打ち合わせ。
    検討結果の報告や対策案の提示等、十分に議論を重ねて最善の結論を全員と合意します。

  • 17:00
    3Dモデリング
    打ち合わせで合意した結果を3Dモデリングソフトを駆使して具現化していきます。細かな線一つ一つにも責任をもって、かつ無駄なくカッコよく描いていきます。

\ day off /
  • 基本的には1日は家でゆっくり休んで、1日は家族で遊びに出かけます。
    晴れた日には洗車やDIYを楽しんでいます。時には同期で飲み会も開きリフレッシュしています。

学生の皆さんへメッセージ

車づくりは思っている以上に広く、深く、そして面白いです。その分仕事は大変なことも多いですが、必ず自分の成長の糧になります。
私たちと一緒に安全安心で世界中から愛される車を創りましょう!

他の先輩達の声を見る