車両設計

  • 電子設計部 ワイヤーハーネス設計室
  • 藤井 香代
  • 2002年入社 情報会計科卒

小さいころの夢:バレーボール選手

車両に搭載される複数のシステムを接続する電線の設計。それぞれのシステムをどのように繋ぐかを考える回路設計を担当しています。

  • Q入社したきっかけを教えてください。
  • A
  • 高校の担任からの紹介。「自動車の開発はどんなことをするのだろう」と興味を持ち、開発に携わってみたいと思ったことがきっかけです。

  • Q入社して良かったことは?
  • A
  • 開発に携わった車が世の中を走っているのを見れること。 3回もの産休・育休を取得したあとも設計として復帰できる場所があり開発に携われていること。

  • Q仕事で苦労したこと、楽しかったことは?
  • A
  • 最初の出産をきっかけに勤務時間が短くなり、自分の意志とは関係なく子供の発熱の呼び出しなどで思うように仕事が進まなくなったときは苦労しました。 思うように仕事が進まず困っていた時にメンバーに助けられながら、担当プロジェクトの車が世の中に出て行ったときは、達成感を感じることができ嬉しかったです。

  • Q仕事と家庭のバランスは、とれていますか?
  • A
  • フレックスタイム併用可能な短時間勤務制度を利用し、職場メンバーや家族の協力を得てバランスはとれていると思います。 業務負荷が高い場合もメンバーに相談することで業務を分散してもらったりとサポートしていただいてます。

  • Q今後の目標を教えてください。
  • A
  • 短い時間で質の良いアウトプットを出せる知識をさらに身に着け、「この人に仕事を任せたい」と思ってもらえるようになりたいです。

ある日のスケジュール

  • 9:00
    スケジュール確認
    メールやスケジュールの確認、1日のやることを確認

  • 11:00
    設計業務
    システム変更時に車両の電源・信号回路を追従して変更する設計業務を行います

  • 14:00
    チームミーティング
    同じ車種担当のチームで日程の共有、残課題、業務の〆切などを確認しています

  • 16:00
    帰宅準備~
    帰宅準備を始めます。業務の進捗などを申し送りします。帰宅途中に保育園へお迎え、習い事へ送迎…その間に夕飯の用意などバタバタ。怒涛の毎日です

\ day off /
  • 家族で急に遠出してみたり買い物へ行ったり。平日はなかなかゆっくりできないので子供たちに少しでも思い出を作ってあげようと出かけています。
    たまには一人の時間をもらって同僚とランチに行ったりしています。

学生の皆さんへメッセージ

開発に携わった車を世の中で見つけた時の喜びは格別です。
みなさんも私たちと一緒に車両開発をしてみませんか?
 

他の先輩達の声を見る